Entries

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

【ティティさん】『リハビリテーション身体論』を読む

トレーニング生、ティティさんのブログからの転載です。

----------------------

我他彼此(ガタヒシ)日記
『リハビリテーション身体論』を読む


 環境の変化、生活上の変化、経済状況など、身の周りのことで忙しい
毎日です。
 
 気心知れた友人にも会えず、アレクサンダー・テクニークのクラスにも
なかなか顔を出せず悶々としてしまいます。

 しかしながら、御月参りで通っているお家のお婆ちゃんと畑で半日を
過ごしたり、たまに来る観光のお客さんとの会話はなかなか乙なもので
す。ただ一人、自己流マッサージの得意な河本(仮名)さんを除いては
(笑)。

 この河本さんのマッサージは独特で

「痛くなければマッサージじゃない」

と言わんばかりの腕力系の強力なヤツで、揉み返しのヒドイ僕にとって
は、拷問に近いほどの代物なのです。してもらった代わりに、アレクサ
ンダー的なワークをすると、

「ぜんぜん効かない。もっと強くしてくれなきゃわかんないよ」

とアドバイスしてくます。

「僕が習ってるアレクサンダー・テクニーク(河本さんは『西洋の整体』と
思ってる。僕も説明が面倒なのでそのままにしている)は、マッサージで
はないので、強く揉んだりしないんですよ」

と言うと、

「それじゃーオラッちには合わねえーな。もっと強くしてくれねエーと
な…」

と繰り返して言います。
そのままにしておけばよかったのですが、

「強くしたら、その時は、気持ちいいと思いますが、次はもっと強くしても
らわないと効かないんじゃないですか」。

河本さんは

「そうなんだよ。オラっちをやれるヤツは一人しかいないよ」

とは言いました。

「その時良くなっても、日頃の身体の使い方の癖や習慣があるから、ま
た同じところが痛くなったり、凝ったりしますよね。」

「まーね。でも、すぐ効かなくちゃ。痛みを取りに行くんだから」

なるほど、やはり強さと即効性は河本さんにとってとても大切な要素だ
と思われました。


 この集落に来て、高齢者の方々と接するうち、

「自分自身でする」とか

「自分自身で気づいてゆく」

ということがなかなか言えなくなっている自分がいる。

「してもらって当たり前」

だからです。さらにお金を払って

「自分自身でする」、なんてご無体な。と思っているのだ。

 根気強く自分自身の習慣についての話を試みるしかないと今は思って
る。今までの習慣を悪者にせず。その人を何十年も支えてきたものだか
らだ。

面白いことに、脳梗塞などで足腰が傷んでいたり、長年の農作業によっ
て弱っている方々は一様にリハビリ
が嫌いだ。
よっぽど病院嫌いなのか、ただ動かされたのか、性格の悪い(笑)理学
療法・作業療法士にあたったのか?!とても興味深い問題である。お互
いの認知の歪みを和らげることができれば…


 認知行動療法・認知運動療法には、とても興味がある。しかし、仏教も
そうなんだが、よほどの内省や瞑想のできる人ではない限り、「ありのま
ま」の自分自身を見つめられない感じがある。僕自身にとっても、ただ
「ありのまま」に見れないという認知に少しだけ近づけるのが精いっぱい
で、「認知のゆがみ」を人に認知してもらえるかどうか。その人が自分自
身で気づくしかない。「気づき」を強要することはできない。また、他人の
ことは客観的に見えたりするので、その「ゆがみ」を「正そう」としてしまう
という怖さもあるのだ。


「認知運動療法の臨床×哲学 『運動とは知ることである』」

という帯の文言に惹かれ、今、『リハビリテーション身体論』(宮本省三
「青土社」)を読み始めている。

名前の知らなかったその世界での偉人というものがいる。その引用文
などが素晴らしく、

僕の脳に心に響く。

ちょっと言葉が難しかったりして、頭でっかちになりそうだが。

その内容をそのまま実践することはできませんが、それこそ自分自身
の認知の整理、理解のために読んでいきたい。感動した処、気になった
処、理解できない処を少しずつ紹介していきたい。

どうか、ご意見、ご感想をよろしくお願いします。

もし、本を持ってる方がおられたら、一緒に輪読しましょう。ぜん


プロローグより

「身体は動くことで回復するのではなく、感じること、思考することによっ
て回復する。損傷を受けた脳の認知過程(知覚、注意、記憶、判断、言
語)を適切に活性化することによってのみ、運動麻痺をゆっくりと回復さ
せてゆくことができる」(p.11)

「世界に意味を与える身体」(ペルフェッティ)
この言葉がリハビリテーション身体論の柱である。(p.11)

 

 やはり昔の方々は、「生きること」は「動くこと」「働くこと」という考えが
根強いと思う。

脳梗塞で半身麻痺になった本間(仮名)さんは、リハビリには通いませ
ん(たまに病院に行くとは言っていた)。

しかし、自宅の周りを根性で歩いています。

その成果かどうかはわからないが、今はだいぶ歩けるようになった。な
んといったら良いかわからないが、手助けはいらない感じなのだ。

                  「根性」。
 なんか忘れていた精神概念である。

 昔、禅の修行道場では「ただ黙って坐れ!」と指導された。懇切丁寧
な説明などない。そうして何十年も坐って、自分の姿勢の歪みを自然に
整えてゆく。そういう文化装置というか教育ができていた。精神構造に
も、ものすごい強度があったように思う。硬度経済成長である?!しか
し、現代の我々は?社会的、政治的、環境的、精神的に「成長」や「増
長」は「不安」を増すもののように無意識に感じているのではないか。そ
ういったらすぐに「それは大人になれない子供だ」と決めつけられたりし
てしまう。「健全な肉体に、健全な精神は宿る」と言われていた時代、今
もそう考えている人たちもいるだろう。昨今の「健康ブーム」も「身体が健
康ならば…」という盲目的な幸福論でしかない。「では健康っていったい
何でしょう?」の疑問が思い浮かべないほど、「健康」に追い立てられ乗
せられていい気に、健康になった気になってるのだ。一方、「うさぎ跳
び」を称えた時代が終わり、「うさぎ跳び」は身体的に良くないからやめ
てもっと機能的なトレーニングをしましょうという合理的な時代の到来が
あった。「鍛える」「耐える」「扱き」は合理的な理由があってこそのもの
だ。

 だいぶ脱線している。

 べつに僕は「『精神論』より『機能論』だ」と言いたいわけじゃない。その
人その人にとって、それぞれ良い方法があると思うのだ。いろんな「頑
張り」があると思うのだ。老子に「努力を尽くして努力を忘れる」という言
葉がある。「努力を忘れるために努力する」?!なんじゃそりゃあ!?そ
んなの意味ないじゃん!?そう意味がない。しかし意味って何だ?!意
味は誰が決めるのだ!「世界に意味を与える身体」それは「世界から意味を与えられた身体」も含まれるのではないだろうか?

「努力とは何か?きっぱりとした意志をもたらすことです。意志とは何
か。ある考えが不快であろうとも、それにしっかりした勝利をもたらすこ
とです。またある考えが、とりあえず快いものであろうとも、それを禁止し
つづけることです」(W・ジェームズ)




ランキングに参加しています。
クリックの応援お願いいたします。

人気ブログランキングへ


関連記事
スポンサーサイト

Appendix

プロフィール

アライアンス京都校スタッフ

Author:アライアンス京都校スタッフ
ようこそおいでくださいました。

このブログは、アレクサンダー・アライアンス・ジャパン 京都校の事務スタッフが運営しています。

アレクサンダー・テクニーク教師養成トレーニングコースで学習中の生徒さん、卒業生のブログ記事を集めてご紹介しています。

アレクサンダー・テクニークってなぁに?教師になりたいけど・・など、アレクサンダー・テクニークにご興味をお持ちの方、ぜひご覧くださいませ。

生徒さんたちのリアルな体験談、気づきなどが盛りだくさんです。

こちらを通じて、それぞれの生徒さんたちのブログも、応援いただけましたら幸いです。
 
なお、コメント欄は使用しておりません。
メッセージ、お問い合わせなどは、メールフォームからお願いいたします。

人気ブログランキングに参加しています。応援のクリックお願いいたします。
人気ブログランキングへ

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

QRコード

QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。