Entries

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

【やっちゃんさん】おかかごはん

トレーニング生、やっちゃんさんのブログからの転載です。

---------------

やっちゃんの素
おかかごはん

今日は、職場の作業療法部門向けに勉強会をしました。

テーマはADL(日常生活活動)で、食事・整容・排泄・更衣・入浴を

3日に分けて行います。

今日は食事・整容

食事で行った実技の一つは、環境適応講習会で教えてもらった「おか

かごはん」

患者さんの中には、食欲の低下した人や、覚醒の低い人がいて、

自分で食事をとろうとせず、介助しなければならない人がいます。

まず、自分で食事がとれるようになるには、食物を認知し、食欲がわき、

唾液・胃液が分泌されるという段階(これを、先行期といいます)が必要

です。

この、先行期に対するアプローチが「おかかごはん」です。

熱々のご飯のにおいだけでも食欲がわきますが、

そこに鰹節をかけると、鰹節が湯気の中でゆらゆらゆれていい香りがし

ます。

そこにさらにしょうゆをかけるとなんといいにおい!!

もうよだれが垂れそうになります。

その過程を患者さん役の人に介助者が見せて、そして介助で食べても

らいます。

結果は、5感の刺激によって、頸部の伸筋群、背筋群の緊張がゆるみ

ます。

それは、おかかごはんの前後で立位で前屈をすると、その前屈範囲で

明らかに違いが現れます。

その姿勢が変わることも興味深いのですが、今日、面白かったのは、

みんながおかかごはんを用意するところ。4グループに分けて、ご飯を

渡していったのですが、みんな、ご飯をもらうやいなや、鰹節をかけてしょうゆをかけて・・・と、おかかごはん

を作るという、まさに「する」ことに一生懸命になっているのです。

ほっておいたら「みる」「かぐ」などを感じる間もなくおかかごはんが出来

上がってしまいそうな勢いだったので、必死で止めました。

これが私たちの日常の食事なんだなあと実感しました。

意図が分かっている私でさえ、みんなに説明しながらやってると、ごは

んにぱっとおかかをかけてしまって、ご飯を「みて」「かいで」の間をすっ

かりとばしてしまったくらいです。

ブルース先生のワークショップの中で、「みる」と「する」を分けることをし

ました。

「みる」と「する」に時間と空間をもつと、患者さんの食欲も改善すると思

います。

関連記事
スポンサーサイト

Appendix

プロフィール

アライアンス京都校スタッフ

Author:アライアンス京都校スタッフ
ようこそおいでくださいました。

このブログは、アレクサンダー・アライアンス・ジャパン 京都校の事務スタッフが運営しています。

アレクサンダー・テクニーク教師養成トレーニングコースで学習中の生徒さん、卒業生のブログ記事を集めてご紹介しています。

アレクサンダー・テクニークってなぁに?教師になりたいけど・・など、アレクサンダー・テクニークにご興味をお持ちの方、ぜひご覧くださいませ。

生徒さんたちのリアルな体験談、気づきなどが盛りだくさんです。

こちらを通じて、それぞれの生徒さんたちのブログも、応援いただけましたら幸いです。
 
なお、コメント欄は使用しておりません。
メッセージ、お問い合わせなどは、メールフォームからお願いいたします。

人気ブログランキングに参加しています。応援のクリックお願いいたします。
人気ブログランキングへ

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

QRコード

QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。