Entries

【あつこさん】頼りがいのあるところ

トレーニング生、あつこさんのブログからの転載です。

----------------------- 

子どもアトリエ×アレクサンダー・テクニーク 風光景
頼りがいのあるところ


昨日はアライアンス京都校のクラス。

「初めて会った人と、話す」というテーマでアクティヴィティ。

みどり先生が首の後ろと、視覚野のあたりにワークして下さると、参加していた
われわれには「これじゃちょっと頼りない」という感覚が生まれたりした。

いつもは首の後ろを堅くして、そこから話したり聴いたり、アイコンタクトとったり
しているので、首の緊張が手放されて首と頭の間のロックが外れると、とたんに
「こんなやわらかさだとだめ!」という気分がするようです。

ただ、それは、just気分です。 アレクサンダー・テクニーク原理の一つ、『感覚
的評価はあてにならない
』、そのもの!

実際には、他の人からみると、そのワークを受けて変化したひとは実に「頼りが
いのある」姿、風情にみえるのですから。

声が深くなったり、遠くからでもそのひとが眼にはいるような存在感であったり、
大人っぽくなったり。わたしはみなさんに「目が開いたね」とフィードバックを頂い
た。 


すぐに「頼りない感じ」などという我々に、みどり先生がすてきなことを言った。

「じゃぁ、今の、このじぶんのからだの中で、頼りがいのあるところは
どこですか?」


頼りがいのあるところ?!
どこ?!!

ちょっとそう思ってみると、あったあった!

頼りないばかりであったわたしにも、今日の、今の、この瞬間は首と胴体をつ
なぐかすがいの筋-きょう鎖乳突筋が、頼りがいがある感じがしたのでした。

いつもは、ぶにっと前へ押しているきょう鎖乳突筋。それは重い頭を押し下げて
いながら、これ以上落ちないように引き留めてくれているからなのですが。

いまは、かすがいとしての、ちからを存分にゆったりと発揮している、そんな感じがしたのでした。

わたしたちは、わたしは、ついつい「できてない」「これではまだできていない」「できっこない」できるかできないか、よいか悪いかのどちらかにいってしまう。

心地よく、頼りがいのあるところをみつけてそこにいた
ら、そこから全体へ、変わっていく。


変わっていけるのよ。

昨日のレッスンの、贈りものでした。




ランキングに参加しています。
クリックの応援お願いいたします。

人気ブログランキングへ






関連記事
スポンサーサイト

Appendix

プロフィール

アライアンス京都校スタッフ

Author:アライアンス京都校スタッフ
ようこそおいでくださいました。

このブログは、アレクサンダー・アライアンス・ジャパン 京都校の事務スタッフが運営しています。

アレクサンダー・テクニーク教師養成トレーニングコースで学習中の生徒さん、卒業生のブログ記事を集めてご紹介しています。

アレクサンダー・テクニークってなぁに?教師になりたいけど・・など、アレクサンダー・テクニークにご興味をお持ちの方、ぜひご覧くださいませ。

生徒さんたちのリアルな体験談、気づきなどが盛りだくさんです。

こちらを通じて、それぞれの生徒さんたちのブログも、応援いただけましたら幸いです。
 
なお、コメント欄は使用しておりません。
メッセージ、お問い合わせなどは、メールフォームからお願いいたします。

人気ブログランキングに参加しています。応援のクリックお願いいたします。
人気ブログランキングへ

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

QRコード

QR