Entries

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

【つじけいさん】思えばできる

トレーニング生、つじけいさんのブログからの転載です。

----------------------

はっさくな日々。
思えばできる

少し前のクラスでチェアワークをやったときのこと。

字のごとく椅子から立ったり座ったりします。

「頭がリードして体がついてくる。結果立つ」
「頭がリードして体がついてくる。結果座る」。

立つ,座るまでのプロセスを一瞬一瞬大切にします。

頭がリードしてひざが前に
同時に股関節足首が後ろに
ひざが前に股関節足首が後ろに
ひざが前に股関節足首が後ろに
ひざが前に股関節足首が後ろに・・・

その一瞬一瞬の積み重ねの結果

立った。または座った。

という瞬間がくる。


いつもは
しらんまに立って座って
その間、なんかありました?
って感じのわたくし

その瞬間瞬間を大切にしようと
練習していました。

師匠みどりさんワークつきで「立つ」練習。

しかしなかなか立てない私。

ワークをしてもらうと体が変わりすぎて
いままで普通にできていたことが
できないと思うことがあります。

変わった体に頭がびっくりしてる。
どこも悪くなくてもたてないと感じる。

「立つと決めてください。決めることが肝心です。」
とみどりさん。

「たてないと思ったらいつまでもたてないんですか?」
ときいたら

「そうです。」
ときっぱり。

プロセスはもちろん大切。
でも最後に「立つ」と決めなかったら
そこまでがどんなにうまくいっていても
立てないらしい。
無数にある選択肢の中から「たつ」と
選択して脳に指令してもらわんと。
立てないと思ったらいつまでも立てない。

だけど。
ということは

「立てる」とおもったら「立てる」。

「わかる」とおもったら「わかる」。
「歩ける」と思ったら「歩ける」。

なんでも脳が「できる」と思ったら
「できる」のだ。根性論じゃなくて。


なんてすばらしい!!

すぐに「できる」と思えないことでも
「とりあえずやってみよう」ぐらい思えたら
できるようになるのだろう本当に。


脳梗塞で手術した人たちのリハビリを
術後すぐからはじめる病院のテレビ番組をみたことがある。
ふらふらの人が抱えられながら歩く練習をしていた。

もちろん筋肉が衰えないためでもあるだろうけど
すぐにリハビリすることで「あるけない」と思う時間が
へるのだろうな。
その時期寝たきりになっている人たちよりも
かなり歩けたり動けたりしていた。

しかし
リハビリ室の器具を使ってのリハビリでは
何時間もがんばっていろんなことをやれているのに
家ではその成果が全然発揮できない
という人の話しもきいたことがある。

リハビリでやったことと家での実際の動きとの
つながりが感じられないからだそうだ。

本人が必要なことを「やれる」と思うための練習が本当の練習。

ピアノをちっとも練習しない小2のあこ。
わたしに練習をつきあってほしいらしい。
わかっちゃいるけどなかなかできない。
レッスン前にちらりとやるだけ。
そのときはしかたなくみるが
いつもきれてしまう。
「何でもっと練習しとかへんねん!」

彼女が「できる」と自分で思えるようにせな
ただおこっても意味ないのだわ。
しかもそれつきあえなかった自分にイラッとして
おこってるパーセントがほとんどやし。

勉強にしても何にしても本人が自分で「できる」
と最終的に思えるように持っていくのが
本当の教育なのだわ。。。


ハイジとアルムおんじみたいにありたいものだ。

立てない、歩けないと思っていたクララは
アルムの山で彼らと暮らして
立てたのであった。

じぶんで「たてる」と思えたクララ。
その過程を楽しんで見守ったハイジとおんじ。
彼らは私みたいに
「練習みたってんねん」とか
「間違わへんようになったのはわたしのおかげや」
なんて思わない。

ただ
「クララがたった,クララが立った」と
クララのまわりで喜ぶだけだ。

そこにはきっと一方的でない関係があるのだ。

アレクサンダーテクニークの何人もの先生がよくいう
「どちらが教師で生徒なのかわからない」関係が
お互いが少しずつもたれて立ってるみたいな関係が
あるのだと思う。

アレクサンダーテクニークだって
ヤギの乳とチーズだって
やることは何だっていい。
要は本人が「できる」と思えるようになること。

それが目的だということを忘れないようにしたいです。
そして楽しんで見守れるようになりたいです。



ランキングに参加しています。
クリックの応援お願いいたします。

人気ブログランキングへ
関連記事
スポンサーサイト

Appendix

プロフィール

アライアンス京都校スタッフ

Author:アライアンス京都校スタッフ
ようこそおいでくださいました。

このブログは、アレクサンダー・アライアンス・ジャパン 京都校の事務スタッフが運営しています。

アレクサンダー・テクニーク教師養成トレーニングコースで学習中の生徒さん、卒業生のブログ記事を集めてご紹介しています。

アレクサンダー・テクニークってなぁに?教師になりたいけど・・など、アレクサンダー・テクニークにご興味をお持ちの方、ぜひご覧くださいませ。

生徒さんたちのリアルな体験談、気づきなどが盛りだくさんです。

こちらを通じて、それぞれの生徒さんたちのブログも、応援いただけましたら幸いです。
 
なお、コメント欄は使用しておりません。
メッセージ、お問い合わせなどは、メールフォームからお願いいたします。

人気ブログランキングに参加しています。応援のクリックお願いいたします。
人気ブログランキングへ

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

QRコード

QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。