Entries

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

【つじけいさん】私の体は私を守ってくれる

トレーニング生、つじけいさんのブログからの転載です。

-----------------------

はっさくな日々。
私の体は私をまもってくれる


ほとんどの臓器は肋骨と骨盤の中に
丁重にしまわれている。

そしておのおのの臓器たちは
いいあんばいにすき間なくぴったりしていて、
私たちが呼吸するたびに全部一斉に上下に動く。
 
と習った。

肺は肋骨の中にあり、
肋骨と横隔膜が上下に動くので
空気がでたり入ったりする。

「肋骨が上下に」というのをいつも忘れてしまう。
やっぱり横に広がると思ってしまう。
何十回目かの「そっか」を連発。

今回はさらに新しく驚いたことがあった。

横隔膜は胃や肝臓などの他の臓器と
すき間なくくっついている。
そしてそれぞれの臓器もぜーんぶ
いいあんばいに隙がない。

だから
息をするたびに肛門から何から
ぜーんぶ連動して動く!


私のイメージでは
横隔膜とその下の臓器たちの間、
それぞれの臓器たちの間には
すき間がけっこうある感じだった。
だから肺は動いても
臓器はじっとしている感じに思っていた。
よく考えてみたら
そんなことあるわけないんだけど。


どの角度からみても最高にコンパクトで
機能的にできているこの体は

息をするたび、総動員で動いている。

毎回新しい酸素をすって毎回新しくなる。



そんな風に思うと
私のために(私っていうのが何かわからないけど)
そんなにまでしてくれるなんて
本当にありがたいと思った。

今までいろいろさんざんいちゃもんつけて
本当に申し訳なかったと思った。

ベストパートナーだわ。
世界中が敵になっても
私の体は私を守ろうとしてくれる。

自分の体に手紙を書くワーク、
そういえばやったなあ。
そのときはあんまりよくわかってなかった。


原発や放射能のことを考えると
ほんとうにどうしようもなく
やりきれない気持ちになる。

でも
やれることはやって、
あと私がこの自分の体をもっと信用して
感謝して大切に思ったら、
もっと喜んで働いてくれるのだろう。

たとえ悪いものが入っても
本当に最善を尽くしてくれるのだろうと思った。

そしてさらに
私が子供の体を同じように本当に信用したら
子供の体ももっともっと
喜んで最善を尽くしてくれるのだろうと思った。

そして子供自身にも
自分の体をかけがえのない大切なものだと
感じられるように育てていきたい

そんな風に思ったのでした。


※2011年5月22日の記事です。



ランキングに参加しています。
クリックの応援お願いいたします。

人気ブログランキングへ


関連記事
スポンサーサイト

Appendix

プロフィール

アライアンス京都校スタッフ

Author:アライアンス京都校スタッフ
ようこそおいでくださいました。

このブログは、アレクサンダー・アライアンス・ジャパン 京都校の事務スタッフが運営しています。

アレクサンダー・テクニーク教師養成トレーニングコースで学習中の生徒さん、卒業生のブログ記事を集めてご紹介しています。

アレクサンダー・テクニークってなぁに?教師になりたいけど・・など、アレクサンダー・テクニークにご興味をお持ちの方、ぜひご覧くださいませ。

生徒さんたちのリアルな体験談、気づきなどが盛りだくさんです。

こちらを通じて、それぞれの生徒さんたちのブログも、応援いただけましたら幸いです。
 
なお、コメント欄は使用しておりません。
メッセージ、お問い合わせなどは、メールフォームからお願いいたします。

人気ブログランキングに参加しています。応援のクリックお願いいたします。
人気ブログランキングへ

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

QRコード

QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。