Entries

【あつこさん】立つこと、転がること〜ボーリングと手鞠

トレーニング生、あつこさんのブログからの転載です。

-----------------------

子どもアトリエ×アレクサンダー・テクニーク 風光景
立つこと、転がること〜ボーリングと手鞠


2月の最後は手作りでボーリング。

もちろん、ボールもつくりました。

t02200293_0240032011824942890.jpg

中身は二種類の紙。硬めの紙と、柔らかい紙である新聞紙を使いました。

「どんな方法でもいいから、ピンが立つようにしてみて」と、子どもたちを促
すと…

わたしが想像もしていなかったやり方や、その結果のかたちが続々とあら
われました。

立たなければ、ボーリングができないので、みんないっしょうけんめい試行
錯誤。

ぐぐっと体重をかけたり、ひねったり、倒れ方をみて調整したり。

「ものが立つ」ためには、何がどのくらい必要か。

わたしたちの多くは、当たり前のように立っています。そして、自分たちの
まわりのモノたちが、実は同じように床の上に、地球上に「立っている」こ
とも忘れがちです。

t02200293_0240032011824950418.jpg

じぶんのつくったモノ-存在が「立った!」ときの、子どもたちの嬉しそうな表情。

ちょっと不安定、でもあるポイントに乗っかったとき、すっと立つ。

その体感は、やっぱり気持ちがいいもの。自分のピンが立つとき、子どもたち自
身の軸も、ひゅっと立っているに違いないと思いました。

そしてボール。手鞠、と呼びたいような美しいものになりました。

手仕事アトリエの子どもたちは、手鞠だけを丁寧につくりました。

無数の糸を巻く。そのことで、中身は紙だけれど、不思議な弾力とあたたかみの
ある、よく転がる、すてきなまるい存在に生まれ変わりました。

t02200293_0240032011824954673.jpg

立って、転んで、また立たせて、転がして。

同じ地球上の、地面の上で、みんないっぱい遊ぼうね。



ランキングに参加しています。
クリックの応援お願いいたします。

人気ブログランキングへ


関連記事
スポンサーサイト

Appendix

プロフィール

アライアンス京都校スタッフ

Author:アライアンス京都校スタッフ
ようこそおいでくださいました。

このブログは、アレクサンダー・アライアンス・ジャパン 京都校の事務スタッフが運営しています。

アレクサンダー・テクニーク教師養成トレーニングコースで学習中の生徒さん、卒業生のブログ記事を集めてご紹介しています。

アレクサンダー・テクニークってなぁに?教師になりたいけど・・など、アレクサンダー・テクニークにご興味をお持ちの方、ぜひご覧くださいませ。

生徒さんたちのリアルな体験談、気づきなどが盛りだくさんです。

こちらを通じて、それぞれの生徒さんたちのブログも、応援いただけましたら幸いです。
 
なお、コメント欄は使用しておりません。
メッセージ、お問い合わせなどは、メールフォームからお願いいたします。

人気ブログランキングに参加しています。応援のクリックお願いいたします。
人気ブログランキングへ

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

QRコード

QR