Entries

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

【あつこさん】消しゴムで描く

トレーニング生、あつこさんのブログからの転載です。

-----------------------

子どもアトリエ×アレクサンダー・テクニーク 風光景
消しゴムで描く


t02200293_0240032011859120156.jpg
この作品は消しゴムで描かれています。(通常の消しゴムではなく、砂消しゴム
と言われる硬い消しゴムです)

消しゴムで描く、とは?

画面の中で、白くなっている部分が、消しゴムによって消されたところ。

茶色く色が残っている部分が、消されていないところ。

余白や輝きをもつところを、消していくことで、結果として<描かれている>こと
になるのです。

これは、考えとしてはとてもおもしろいことです。

1492757.gif

アレクサンダー・テクニークでも、<消す>とまではいかないまでも、「減らす」
「やめる」ことで本来のわたしの調整作用がはたらきはじめるという考え方があ
ります。

実際、ワークののち、そのひとの存在感そのものと呼びたいようなものがあらわ
れることがよくあります。

「じぶんの輪郭がはっきりした感じ」というフィードバックがあることもあります。

同時に「じぶんの輪郭と世界とのあいだがない感じ」というフィードバックがある
こともまた、あります。

その一見正反対の応答は、それぞれの方のそれまでの習慣やそのときの感覚
の認知の仕方によって、何に気づきの焦点が当たるかの違いがあるだけで、ど
ちらの方にも「習慣をやめている/抑制している」ことで、取り戻された何かが起
こっていることは同じです。

その何かが起こっている、無理や緊張の減った姿が、何かしらの勢いと輝いて
みえること。

1492757.gif
…とはいえ、この消しゴムによる作品づくりを経験した子どもたちは、口々に「疲
れたぁ~!!」「もういいー」「手が痛い」などと、くたびれはてたようでした。

そう、消していくのも、かたちを浮かびあがらせるほど消しつづけるのも、根気が
いるんだよね。

その根気のモチベーションは、やっぱり全体としての「こうなっていきたい」という
ビジョンが見えていることなのかな。。なんて、子どもたちを励ましながら、考え
ていました。

t02200293_0240032011859166409.jpg


ランキングに参加しています。
クリックの応援お願いいたします。

人気ブログランキングへ


関連記事
スポンサーサイト

Appendix

プロフィール

アライアンス京都校スタッフ

Author:アライアンス京都校スタッフ
ようこそおいでくださいました。

このブログは、アレクサンダー・アライアンス・ジャパン 京都校の事務スタッフが運営しています。

アレクサンダー・テクニーク教師養成トレーニングコースで学習中の生徒さん、卒業生のブログ記事を集めてご紹介しています。

アレクサンダー・テクニークってなぁに?教師になりたいけど・・など、アレクサンダー・テクニークにご興味をお持ちの方、ぜひご覧くださいませ。

生徒さんたちのリアルな体験談、気づきなどが盛りだくさんです。

こちらを通じて、それぞれの生徒さんたちのブログも、応援いただけましたら幸いです。
 
なお、コメント欄は使用しておりません。
メッセージ、お問い合わせなどは、メールフォームからお願いいたします。

人気ブログランキングに参加しています。応援のクリックお願いいたします。
人気ブログランキングへ

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

QRコード

QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。