Entries

【あつこさん】かわるとき

トレーニング生、あつこさんのブログからの転載です。

-----------------------

子どもアトリエ×アレクサンダー・テクニーク 風光景
かわるとき

今までながく愛用してきたものたちが、変化のときをむかえるとき。

今年はなぜかそのようなめぐりあわせが多い気がする。


ル・クルーゼの鍋。 少し多めの油と揚げ物にぺりぺりとホーローがはが
れてしまった。

革の鞄。 とうとうショルダーが切れた。

手帳の金具。 外れてしまった。

ニューメキシコのおみやげだったタイルの鍋敷き。 落ちてぱりんと割れ
た。

水筒のキャップ。 空回るようになった。

パソコン。 調子がよくない。

デジカメ。 落ちて液晶が真っ白になった。

奇跡的に災難をくぐりぬけてきた腕時計。 どこかで落としてしまった。

水彩絵の具。 製造中止になった。


それから、ものではなくて家族。

おじいちゃん。 食べる量が減って、筋肉が落ち、よろよろっと歩くようにな
った。

猫にひき。 ひめちゃんは歯の調子が悪くなって、体調も悪くなった。

ブルーノも、元気がない日がある。

父母。 体調がこれまたあまり良くないときがふえているような。

いずれの場合にも、変化に出くわしたわたしの最初のリアクションは、

眼を固めて 「!!!!!」と息をのむ。 というものだった。

もしくは、 息をとめている。

それから少しして、 まゆげを寄せて困ったときの顔になる。

声はぎゅっと喉をおさえたなかから絞り出すようになる。


ものは限りあるし、いきもののいのちもまた変化しつづけるもの。

それはわかっているけれど、ものが壊れたり、なくなったり、だれかの調
子がよくなくなると、 

わたしが不安になったり悲しくて不安定になる。理不尽にも怒ったりして。

そんなこころのありようの習慣が、わたしにはあると思う。



しかし、アレクサンダー・テクニークを数年まなびつづけて、ようやく最近 
こんな変化の時に、

「あ、今 わたし息をとめたな。」 「息をのんだな。」ということに気づくよう
になったと思う。

息をつめたりとめたりのんだりすることは、いずれも自分の動きを瞬間的に
ぎゅっっと固めることとつながっている。

それをやめてみる。 いちばんかんたんなのは、息を吐くということ。

ため息でいい。 文字通り、一瞬にして肋骨(およびそのほか身体ぜんた
い)を固めててためた息を、ふぅーーとわたしのからだから出す。


このため息がでると、

ものが壊れて、悲しい。

なくしてしまって、がぁああああん。

調子悪そうで、心配やー。

といったもろもろの気持ちが、とりあえず表明できる。

それから、立ち直りはしないが、この新しく生まれた状況に対して、どう自
分がこれからかかわっていくかを考えることができる感じになる。


取り返しがつかないこと。

でも、とりあえずその場を片付けたり、何かで替わりになるものをみつける
こと。

修理すること。

あたらしいものを手に入れること。

別の選択肢を考えること。


きもちはきもちとして生まれてでてきたのだし、起こった状況は状況として
ある。

そのどちらも消すことなく、そして固めたままにしない。


どれもずっとこれからもこのまま愛用しているイメージだったし、

みんなこのまま元気なひとたちのイメージだった。

でもそれはわたしのイメージであって、実際のリアリティはもっと変化に動
きつづけていく。


こと、ものに関しては、おそらく自己イメージとすら結びついてきたものたち
だったから、いっそう

もう何かが変わるしかないくらいの状況を与えてくれているのかもしれな
いとさえ、思う。


きっと変化のときなんだなぁと、なんとなく感じている秋の日々です。


※2011年11月15日の記事です。

ランキングに参加しています。
クリックの応援お願いいたします。

人気ブログランキングへ




関連記事
スポンサーサイト

Appendix

プロフィール

アライアンス京都校スタッフ

Author:アライアンス京都校スタッフ
ようこそおいでくださいました。

このブログは、アレクサンダー・アライアンス・ジャパン 京都校の事務スタッフが運営しています。

アレクサンダー・テクニーク教師養成トレーニングコースで学習中の生徒さん、卒業生のブログ記事を集めてご紹介しています。

アレクサンダー・テクニークってなぁに?教師になりたいけど・・など、アレクサンダー・テクニークにご興味をお持ちの方、ぜひご覧くださいませ。

生徒さんたちのリアルな体験談、気づきなどが盛りだくさんです。

こちらを通じて、それぞれの生徒さんたちのブログも、応援いただけましたら幸いです。
 
なお、コメント欄は使用しておりません。
メッセージ、お問い合わせなどは、メールフォームからお願いいたします。

人気ブログランキングに参加しています。応援のクリックお願いいたします。
人気ブログランキングへ

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

QRコード

QR