Entries

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

【お知らせ】アレクサンダー・テクニーク 1日 workshop in 倉敷~目の使い方に注目して~

ワークショップのお知らせです。
 
7月15日(日)倉敷にて、「Heart of Life」のもんじゅさんが企画してくださったワークショップを行います。
目のこと、目の使い方にご興味をお持ちの方、ぜひご参加ください。

以下、Heart of LifeさんHPからの転載です。


*****************

アレクサンダー・テクニーク oneday workshop in 倉敷
~目の使い方に注目して with 新海みどり~


t02200147_0800053312041163284.jpg


*アレクサンダー・テクニークは、日常の習慣的な自分の姿からあなたが一歩外へふみだすことを手助けしてくれます。

*アレクサンダー・テクニークは、固く重く感じられがちだった身体が、もう一度慶びに満ちて動きはじめる方法を教えてくれます。

*アレクサンダー・テクニークは、人と話しにくい、自分とも、うまくつながっていない感覚から、もっと楽に交流できる感覚へ導いてくれます。

*動きにくかった身体が「姿の勢い」にのって動きやすくなると、心も動きやすくなります。思考できる身体は、行動できる身体へとつながっていきます。


今回のワークは3部構成になっています(受講料は各1部につき6,000円


「正しい姿勢」、「良い姿勢」の形を求めない。
わたしたちの身体には、プライマリーコントロール(初源的調整作用)がそなわっています。
アレクサンダー・テクニークは身心の余分な緊張を減らすことで自分の中にある骨格という深い支えと、かろやかな筋感覚が目覚めることを教えてくれます。
今回は、特に「目の習慣的な使い方がどのような影響を自分に与えているのか」というところに焦点をあてて、学習していただきます。



1部(10:00~13:00) アレクサンダー・テクニークの基本
 
アレクサンダー・テクニークの歴史からひも解く、アレクサンダー・テクニークの原理。
「頭と首と背骨」との関係から「身体の中の動き」へと、アレクサンダー・テクニーク教師が手で皆さんの身体に触れてワークをします。
これは私達が何か特別なことをするのではなく、「身体の中の動き」が皆さんの中の自由さをもたらしていくのを手助けします。
自分自身の自由さを身体の自由さから、そしてこころの自由さ、あたまの自由さへと体験していただきます。


2部(14:30~17:30) 目の使い方を知る

自分自身の目の使い方をさまざまなアクティビティ(身体の所作)を通して観察します。
目の使い方が頭の使い方と、どのような関係があるか、いっしょに探求してみたいのです。
また自分で目を楽に使う使い方、自分でワークをする仕方を少しですがご紹介します。

 
3部(19:00~21:00) アクティビティのレッスン 

日常生活のさまざまなアクティビティ(動作、身のこなし方)を通して自分を観察。
楽にここちよく、その身体の動きができるような体験を学習します。




***************

IMG_2087_a.jpg



お問い合わせ、お申込みは

Heart of Life のモンジュさんまで → こちら  からお願いします。

 

ご参加お待ちしています。




ランキングに参加しています。
クリックの応援お願いいたします。

人気ブログランキングへ
関連記事
スポンサーサイト

Appendix

プロフィール

アライアンス京都校スタッフ

Author:アライアンス京都校スタッフ
ようこそおいでくださいました。

このブログは、アレクサンダー・アライアンス・ジャパン 京都校の事務スタッフが運営しています。

アレクサンダー・テクニーク教師養成トレーニングコースで学習中の生徒さん、卒業生のブログ記事を集めてご紹介しています。

アレクサンダー・テクニークってなぁに?教師になりたいけど・・など、アレクサンダー・テクニークにご興味をお持ちの方、ぜひご覧くださいませ。

生徒さんたちのリアルな体験談、気づきなどが盛りだくさんです。

こちらを通じて、それぞれの生徒さんたちのブログも、応援いただけましたら幸いです。
 
なお、コメント欄は使用しておりません。
メッセージ、お問い合わせなどは、メールフォームからお願いいたします。

人気ブログランキングに参加しています。応援のクリックお願いいたします。
人気ブログランキングへ

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

QRコード

QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。