Entries

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

【つじけいさん」救命救急病棟で修行する

トレーニング生、つじけいさんのブログからの転載です。

---------------------

はっさくな日々。
救命救急病棟で修行する

義父がここ2週間ほど救命救急病棟に入院しています。
もうだいぶ落ち着いて、二三日前に一番安定している人が入る部屋に移りました。
少し話しもできるようになりました。

初めてきた時、この緊張感高い病棟の様子に
「なんちゅうとこや~。私やったらこんなとこ絶対勤まらん。」と思いました。
目が真っ赤に充血している看護士さんも何人かみました。

こんなに緊急度の高いたくさんの人たちを
どんな風に受け入れるんやろう。
無感覚にならずにいつづけるのが
めちゃめちゃむずかしいとこやな~と思った。

ほんまにただ、五感、六感(身体感覚。ここは通れる、とか、
なんかさわった、とかみなくても自動的に大きさや感覚などをわかる感覚)
をフル活用して外とコンタクトをとるしか方法がない感じがする。
でないと、自分の中に閉じこもるか、翻弄されてしまいそう。

働いていないまでも、ここにいるためには、
私自身もめっちゃ五感六感をフル活用しなあかん感じです。修行してます。

はいってすぐにナースステーションがある。誰とも目が合わない。
私が誰か、とも確認されない。

それはなれてきた。
でも今日はどんな様子かききたい時、ちょっと困る。
パソコンや書類にみんな向かったはる。
カウンターに近づいてもほとんど誰もみてくれないので、めっちゃききにくい。

勇気を出してきいてみる。ある看護士さんは
え、なんで私にきくんですか、って感じだった。
私でいいんですか、ともいわはった。
先生じゃないから詳しいことはわからないのですけど、という感じ。
そんなむずかしいことをききたいわけじゃないんだけど。
まちがったことをいうたらあかん、ていう感じだった。

そんなときには、きく私が悪いような気がしたりする。
いやいやそうではないはずだ。
あるいはその看護士さんにカチンとくる。
けんかしたって仕方ない。

みどり師匠がいっていた
「視覚以外の感覚受容器はいつも360度受容してます」
というのを急いで思い出してみた。

「鼻の前だけじゃなく後ろからもななめからも上からも匂いがする」

あかん。
このなまあたたかいクスリっぽい匂い
すすんでかぎたくない思いから逃れられない。
匂い作戦失敗。

後ろから上から横から空気が触れてるのを感じよう。

この場はこれでしのいだ。


昨日、義父の部屋をでる時に看護士さんにあった。
その人はとても普通に、
「これからお顔ふきますね。」と私にいった。
「名古屋さん、面会きてくれはってよかったですね」と
義父に大きな声でなく、普通に話してくれはった。
「ごくろうさまです」と彼女は私にいった。
めっちゃ人間って感じでいい感じだった。

そういえば、その前も部屋であった看護士さんは
アンドロイドみたいじゃなかった。
そうそうアンドロイド感があるのだわー。(医療関係者の方すいません)

もしかしたら、あのナースステーションの囲いに
秘密があるのかもしれない。
さくに囲われて、しかも前にパソコンがならんでたら
外を感じにくいのかもしれない。


「いつも」、「みんな」、「絶対」。
こういう言葉はおそろしい。

この感じのいい看護士さんにあって
その前の感じよかった人のことや
ナースステーションの秘密のことをおもいだせてよかった。

「救命救急の人はみんな、いつもアンドロイドみたいで
いつも絶対に目を合わせてくれない。」

もう少しでこう思い込むところだった。

「みんな」がそうじゃないのに。
「いつも」「絶対」でもないのに。

みどり師匠の師匠、片桐ユズルさんは
「いつも」や「みんな」という言葉を使うと
「いつもってほんと?」「ほんとにみんな?」
ってきいてきはるらしい。

それってほんまに大事なことやなあと思う。

「いつも」「絶対」「みんな」っていう一色で
心をベタ塗りすると 
平たく冷たくなってとげとげする感じがする。

「夫は靴下を絶対に布団の中にぬいだままにする」
「子供はいつも手伝わない」

文章を書いただけでも夫や子供が腹立たしく思う。

「夫は靴下をたまに洗濯機に入れることもある。」
「子供は手伝うときもある。」

こう書き換えただけでそんなに腹が立たない。
逆に子供がうれしそうに手伝ってくれたときのことなんかを思い出す。

いや~これからはそうしよう。
あの危険3句に気をつけよう。
かなり幸せ度が変わる感じがする。

そんなことを思う今日この頃であります。


※2013年2月1日の記事です。

ランキングに参加しています。
クリックの応援お願いいたします。

人気ブログランキングへ
関連記事
スポンサーサイト

Appendix

プロフィール

アライアンス京都校スタッフ

Author:アライアンス京都校スタッフ
ようこそおいでくださいました。

このブログは、アレクサンダー・アライアンス・ジャパン 京都校の事務スタッフが運営しています。

アレクサンダー・テクニーク教師養成トレーニングコースで学習中の生徒さん、卒業生のブログ記事を集めてご紹介しています。

アレクサンダー・テクニークってなぁに?教師になりたいけど・・など、アレクサンダー・テクニークにご興味をお持ちの方、ぜひご覧くださいませ。

生徒さんたちのリアルな体験談、気づきなどが盛りだくさんです。

こちらを通じて、それぞれの生徒さんたちのブログも、応援いただけましたら幸いです。
 
なお、コメント欄は使用しておりません。
メッセージ、お問い合わせなどは、メールフォームからお願いいたします。

人気ブログランキングに参加しています。応援のクリックお願いいたします。
人気ブログランキングへ

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

QRコード

QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。