Entries

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

【つじけいさん】昨年の「こどもとつながる」WSに参加し,託児実践をしてくれたNさんインタビュー後半

トレーニング生、つじけいさんのブログからの転載です。

---------------------

はっさくな日々。
昨年の「こどもとつながる」WSに参加し,託児実践をしてくれたNさんインタビュー後半

Nさんインタビュー後半です。

ーワークショップの期間は実践してる感がすごくあった,というお話でした。
あれから半年以上たっていますが、今はどんなかんじですか?

無意識に習慣として何も考えずにちゃっとやっちゃってることを,
振り返れたかな。

上のこどもがすんごいイラつくんです。ほんとにうるさくって。
たたいてだまらせたい、と思っちゃう。
ほんとにそれだけはだめだ、と思うけど,
やっぱり「バン」ってやってだまらせたい気持ちはある。
それをやらないですむようになってきました。

ー一瞬、「ふっ」となるみたいな感じですか?

そうそう。「ふう」ってなって。
「地面、地面」と思うと(同じ地面で人とつながると思う)冷静になる感じ。
それがまえよりしやすくなった。

まえはよく、思わずたたくまねをして
「しないけどね!」ってかんじで必死で手を引っ込めてました。
たたいてなくても,こどもはすごくおびえるし,おどしになってると思う。
自分でもすごくいやだった。ほんと癖みたいな感じでやってました。
それを,最近は本当にしなくてすむようになってきた。
自分がたたくまねをする映像は浮かぶけど
実際にはしないでいられる。
「あーたたかなくてすんだ」って。

ーそれは我慢なかんじじゃなくて?

我慢なかんじじゃないかも。

ー何が違うんですか?

前はすごく我慢してました。
「たたくのだけはだめだ」と思って、必死でやめてました。
「ほんとにくたらしい、なんでそこまでいうのこの人。ほんとにうるさい」って感じてて。
今は我慢じゃなくて、ちょっと聞き流せるようになってきたんだと思う。

ー「地面でつながる」と思うと、人に対してじゃまな感じが減ったというお話がでましたが、
そういうかんじですか?

あ,そういうかんじかな。
まあまあ、いったらいいよ、みたいな。

ーなるほど。それでこどもを黙らせたいと思った時に
「地面、地面」って思うんですね。そうするとじゃまでなくなるんや。

そうそう。「違う人間はいっぱいいる。でもみんな一緒にいる」って。
それを今自分のよりどころにしてるのかなって、今しゃべってて思いました。

今までは、違う人をみたくなかったし,違う人の存在を消して生きてきたと思う。
いいやべつに、みたいな。
認められないから嫌いではないけど,無視しちゃうというか。

だけど、こどもはいないことにできない。
強烈だし。実際うるさいし,要求が激しいし、無視できない。
無視できないことがストレスだったと思います。
でも最近それをうけいれられるかな。

「みんな違う。こどもに限らず,人はみんな違ってて
違うけど、そうやってみんな同じ地面にいる」っていうのは
自分の、すべての人間関係に対しての「核」になってると思う。
だから最重要なことだなと。
ほんと、そのことだけ思ってたら,あと他にむずかしいことを思わなくても
こどもの接し方や他の細かいことが
なんなとできて、すべてに応用できるというか。

こどもがやんちゃなことしたときも、
「今はそうしたいのか」と思える。
自分からみて、それちょっとあかんやろってことでも
無視するでもなく,否定するでもなく、まずは1回みとこか、
みたいな感じでいられる。
頭のどっかでわかってたけど,
無視しちゃいたかったし,否定したりしてたなあと思う。

みどりさんが
「自分の習慣に気づいた時に、ダメだと思わなくていい」
っていったことも関係あると思います。
自分が「悪い」と思ってることをやってしまった時に
「わたしってだめだ」とか「またやっちゃってるよ」
って落ち込んだりするんじゃなくて、
「あーなるほど。「私」でいる。」みたいな。

「なるほど。」って思うといいってみどりさんがいってたの、
すごくいいって思った。
「なるほど」でとりあえずいこうと思って。

こどもに対して「なにやってんの,信じらんない!」って思うのを
「なるほど。」にいいかえる。

「あー、泥に足をつけるわけね。なるほど」。
「ふーん、それをからだに塗り付けるわけね。なるほど」みたいな。
「あーそこに靴下,放置するわけね。なるほど。」って。夫に対しても。

ーすごいですねえ。

まえはむかついてしょうがなかった。
「なんやねんこの靴下の山!!」とか「どろどろやん!!」みたいな。
でもいっても直らないし,かといって自分がおれるっていうのもね。
気持ちと考えがごちゃごちゃになってました。
やりたい気持ちはわかる。でも私の気持ちがついていけない,って感じがよくあった。
今はとりあえず「なるほど」でしのげるようになってきました。

ー「なるほどでしのぐ」。すばらしい。

そう、私もすばらしいと思って。
ともだちにもすすめてて。「なるほど、いいね」って。

ー参加者の方がよく名言いうたはります。
「思い出したら丸儲け」とか。(「だっこ」の参加者の方がおっしゃった言葉。
習慣に気がついてもやめれられない、またはあとできがついた時。
ダメだったと思うのでなく,「やったなあ」、とおもいだせたら、
それだけでまるもうけって思ったという話。)
「なるほどでしのぐ」もかなり名言ですね。

ふふふ。

ー託児実践はいかがでしたか?

他人ののお子さんだからなおさらよくわからないし、「お尽くし」しますみたいな。
自分をけして、ってしがちでした。
さも相手のことを考えているかのようなことを
よくやってるなあとか、みたことあるなあとおもいました。

ーどうしてそれがよくないと思ったのですか?

やっぱり自分が我慢しているから。
自分がしんどい体勢で抱っこしても、
「あかちゃんにはこの状態がいいよね。」とかおもって。
でも腰が。。とかなってるんだけど
「あなたのために腰が痛いわ」なんて赤ちゃんにいえない。
自分のことを消せないのに消そうとしてるのがちょっと。
そういうの、意識してやってないから、
あとでなんか,「だっこしてしんどい」、が残る。
いい人ぶってる。

消したことは,その分意識の中に閉じ込められていて、
赤ちゃんじゃない他の誰かにだすことになると思う。

日常生活でも直接その相手にいえなくて、たまっていってることがあります。
いい人ぶってるから、そのことにきがついてないんだけど。
「たたきたい」とかいうのも「だめだめ」って
いい人ぶって思ってるからきづかないうちにたまる。
で、全然関係ない時に、机バーンとかやったり。
ものやひとにあたったりする。

常におだやかにいたいって、かっこつけてるけど絶対そうはいられないし。
そのつど自分を受け入れる,
ありのままを受け入れていくしかないなあと。

託児実践で、赤ちゃんや,2歳とか抱っこさせてもらって
自分を消していい人ぶってる,ってことにきづきました。
それはいいことのようにみせかけてるし,みえるけど、
無理があることを認めていんだなと思いました。

あと、
自分を消さないで、自分も楽で、空間ももたせたかんじで抱っこしたら,
こどもがすごくしずかになったときがありました。
「この子にとっても、あたしがあたしでいるほうがよかったんだ」
って実感した瞬間で。それが何度かあって。
あれはすごくおもしろかった。


ー講座をうけたあと、託児実践するというやり方についてどう思いますか?

わかりやすいと思う。
体験があったほうが、より理解できるからいいなと思いました。
よそのお子さんの方が関係性がないので,感じることが多かったです。
自分が習慣になりにくくて,気がつきやすいと思いました。
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

数回のワークショップと数回の託児実践でこんなに深く学んでくれたNさん。
すごい。驚きと感動。おしえてもらうことがいっぱいでした。

ワークショップ中からいろいろ話してくれていたので、
何度か記事に書こうとしていたのですがうまくかけず,
結局インタビューさせてもらうことにしました。

いや~ほんまに自分で書かないでよかったです。
人の体験をきくのって面白い。
その後のおはなし、半年以上経ってもまだ使ってくれてるお話もきけるなんて。
ほんとうにうれしかったです。
Nさん、こころよくお話しいただき、本当にありがとうございました。

毎年、参加者の皆さんにはいろいろ教えてもらうことばかり。
今年もとても楽しみです。
*「こどもとつながる」「家族とつながる」ワークショップ 詳細はこちら




ランキングに参加しています。
クリックの応援お願いいたします。

人気ブログランキングへ








関連記事
スポンサーサイト

Appendix

プロフィール

アライアンス京都校スタッフ

Author:アライアンス京都校スタッフ
ようこそおいでくださいました。

このブログは、アレクサンダー・アライアンス・ジャパン 京都校の事務スタッフが運営しています。

アレクサンダー・テクニーク教師養成トレーニングコースで学習中の生徒さん、卒業生のブログ記事を集めてご紹介しています。

アレクサンダー・テクニークってなぁに?教師になりたいけど・・など、アレクサンダー・テクニークにご興味をお持ちの方、ぜひご覧くださいませ。

生徒さんたちのリアルな体験談、気づきなどが盛りだくさんです。

こちらを通じて、それぞれの生徒さんたちのブログも、応援いただけましたら幸いです。
 
なお、コメント欄は使用しておりません。
メッセージ、お問い合わせなどは、メールフォームからお願いいたします。

人気ブログランキングに参加しています。応援のクリックお願いいたします。
人気ブログランキングへ

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

QRコード

QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。