Entries

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

【お知らせ】学校の先生に知ってもらいたい身体と姿勢のこと

10月から始まる、アレクサンダー・アライアンス・インターナショナル・ジャパン京都校教師養成トレーニングコース生の5回連続講座のご案内をいたします。

このたびの連続講座は、学校、幼稚園、保育園の先生、子供の姿勢教育に関わる方向けとなっております。
ご興味をお持ちの方はどうぞご参加ください。

--------

Bensan.jpg   Bensan_.jpg

学校の先生に知ってもらいたい身体と姿勢のこと 

引き算の姿勢術
『足りないもの』ではなく『やらなくてもよいこと』の発見


子供達と姿勢について考える時に、○×で評価される正しい『姿勢』というものはあるのでしょうか?
それは身体を緊張させて教科書に載っているような写真や絵と外見上同じであることが、求められる答えなのでしょうか?
ひょっとしたら、理想的な姿勢とは外から押し付けられた形ではなく、『やらなくても良いこと』に気づくことで、皆さんや子供達の身体の内にある支えが自然でしなやかな姿勢をつくるのかもしれません。

アレクサンダー・テクニークの創始者であるF.M.アレクサンダー氏は脊椎動物における動きの基本原理に気づき、それを教育する方法を開発しました。

本コースは、F.M.アレクサンダー氏が開発した教育方法に基づき、病院で障害を持つ方々に身体の使い方の指導をして30年の経験を持つ理学療法士であり、アレクサンダー・テクニークを5年以上学んだ講師が案内役として、感覚や気づきを使った簡単なゲームや解剖学とボディマッピングの説明などを通して、自分に『足りないもの』ではなくて『やらなくて良いこと』の発見のお手伝いをいたします。
それらは、子供達と姿勢について考える時の授業のアイデアやヒントにつながると思います。

また、何よりも教師自身が、からだのデザインにマッチした基本的なからだの使い方を習得していただき、楽でしなやかに動けることを学習していただくコースでもあります。

 ※ちらしの写真は2012年11月 東三国小学校の"姿勢についての特別授業"にて

○日時 10月3日・17日・31日 11月14日・28日(全5回/木曜日)
 19:00~20:30(90分)

○会場 ドーンセンター

○参加費 10,000円(5回/通し受講のみ)

○対象 小学校教師、幼稚園の先生、保育士、子供の姿勢教育に関わる方

○定員 5名

○内容
 10/3  F.M.アレクサンダー氏の発見したこと:頭と背骨の関係
 10/17 楽に座る:骨盤と脚
 10/31 立つ:真直ぐの感覚
 11/4  歩く:股関節とひざ関節
 11/28 姿の勢い:内臓と胴体。身体の内部の支えを感じる

○講師 中野勉(理学療法士・アレクサンダー・アライアンス教師養成コース生)

○主催 アレクサンダー・アライアンス・インターナショナル・ジャパン 京都、大阪、岡山校

★お問い合わせ/お申し込みは、こちらからお願いします。
 ワークショップ名「教師のためのアレクサンダー・テクニーク」として
 ①お名前
 ②ご住所
 ③ご職業
 ④メールアドレス
 ⑤緊急連絡先(携帯電話番号など)

以上を明記の上、 メールフォーム よりお申し込みください。


ランキングに参加しています。
クリックの応援お願いいたします。

人気ブログランキングへ






関連記事
スポンサーサイト

Appendix

プロフィール

アライアンス京都校スタッフ

Author:アライアンス京都校スタッフ
ようこそおいでくださいました。

このブログは、アレクサンダー・アライアンス・ジャパン 京都校の事務スタッフが運営しています。

アレクサンダー・テクニーク教師養成トレーニングコースで学習中の生徒さん、卒業生のブログ記事を集めてご紹介しています。

アレクサンダー・テクニークってなぁに?教師になりたいけど・・など、アレクサンダー・テクニークにご興味をお持ちの方、ぜひご覧くださいませ。

生徒さんたちのリアルな体験談、気づきなどが盛りだくさんです。

こちらを通じて、それぞれの生徒さんたちのブログも、応援いただけましたら幸いです。
 
なお、コメント欄は使用しておりません。
メッセージ、お問い合わせなどは、メールフォームからお願いいたします。

人気ブログランキングに参加しています。応援のクリックお願いいたします。
人気ブログランキングへ

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

QRコード

QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。