Entries

【つじけいさん】歯をはなす

トレーニング生、つじけいさんのブログからの転載です。

---------------------

はっさくな日々。
歯をはなす


歯医者さんにいきました。
違う歯医者さんにいっていましたが、
みどり師匠や数人のクラスメート達がいっている歯医者さんが
おもしろそうなので、そこにいってみました。
ここ→平沢歯科

レントゲンを撮り、椅子で待っていますと
しゅっとした院長先生がきました。

「歯は特に悪いところはありません。が、一つとても気になることがあります。
あごの関節のところを見てください。この骨が変形していますね。」

あごの骨のてっぺんの丸いところ、
特に左は、はっきりと半月型ぐらいになっていた。

「右側も形はましですが、関節の間にあそびの部分がほとんどありません。」

なるほど、でことぼこの間がほとんどぴったりくっついている。
昔、そこが痛くて口が開けられないときがあった。

「かどのところも、本来よりだいぶえらが張ってきています。」

ほんまや、両方ぽっこりしてる。

「これはあきらかに噛みしめ過ぎが原因です。肩や首がこりませんか?」

こります。特に首は長年ぎゅっとなってる。

「奥歯の間にも力がかかっているので、歯と歯の間にすきまがあいてきています。
今すぐではないですが、このままいくとこの歯もゆらいでくる可能性があります。
身体にも影響が出てきます。」

ぎょぎょっ!!

「耳の穴も、あごをぎゅっとするのでつぶれてますね。
前より耳が聞こえにくくなっていませんか?」

うわ!ほんまにぐちゃっとしてる。
人に聞き返すのが増えたのは、出産のせいかと思ってた。

「顎の関節の間には、遊びの部分がもっと必要なんです。
ときどき関節まわりの筋肉をほぐしてあげてください。」

先生がそういうので、どうやってするのかきいてみた。

すると先生は突然、あごをつきだした。



「そ、それはもしかして志村けんさんのアイーンですか?」

「そうです。アイーンです。」

先生は真顔だった。

さすがは大阪だ。
アイーンごとき日常茶飯事、笑いを取りにきたりしない。

「ときどき30秒ぐらい、アイーンをしてあごまわりの筋肉をほぐしてください。」

いいながら先生は、再びきれのよいアイーンをした。

「歯と歯をあわせることは、日々の生活でほとんど必要ありません。
食べるときでさえ、です。
よくかんでものを食べましょうというのは、
食べ物をかむのであって、歯と歯を合わせることではないのです。
やり過ぎて歯がぼろぼろになっている人がたくさんいます。
わたしはだいぶ前から、「よくかんで」といわないようにしています。」

先生は「teeth contact habit」歯と歯を接触させる習慣、と
表紙に書かれた雑誌を見せてくれた。そして巻末をひらいた。

「はをはなす」「はをはなす」「はをはなす」「はをはなす」
「はをはなす」「はをはなす」「はをはなす」「はをはなす」


赤字の大きな「はをはなす」は
”I ♡NEWTORK” みたいなステッカー状になっており、20枚ほどある。
 
真顔、いや、ややしたり顔で私を見る先生。

「これからは、どんな時に歯と歯をあわせているか、よく観察してください。
そしてそれをやっていることに気がついたら、アイーンをして筋肉をほぐしてください。」

そして、三度目のアイーン。

「マウスピースが必要だと思います。
これからはあごや歯や耳の穴を壊すかわりに、マウスピースを壊してください。」



マウスピースのかたどりが無事に終わり、
受付の人に見られないようにアイーンをしながら歯医者をでた。

めちゃめちゃお腹がすいていたので
向かいの洋食屋でヘレカツ定食を注文。

これまたさすがは大阪。
890円ですごいボリューム。しかもおいしい。

がっついて食べている時、気がついた。

歯があたっている。

メニューの「ヘレカツ」の横に「やわらかい!」って書いてあった。
そして、ほんとうにやわらかかった。だのに私は歯をあたらせている。

ここですね先生、「はをはなす」大作戦。

ヘレカツの固さの分だけかみかえす、と思って食べてみると、
やわらかさを体感している感じがした。
歯と歯は全くあたらなくても余裕でかめる。

ごはんも固さの分だけかみ返してみた。
ヘレカツとはかたさが違う。
やさしいやわらかさ。まさにぎんしゃり。


ものによってかたさが違うって
確かそういうのクラスでやった。

あのとき食べてみて感動したのに、忘れてたなあ。
もうすっかりどれも同じようにかんでいた。
ガッシャンって、機械で切るみたいに歯をあたらせて。
お腹がすいていたら特にだ。

食べ物の固さの分だけかみかえしていると、
やさしいきもちになって、すごく満足した。

目も何となく楽な感じがする。
頭も平和な気がした。

歯と歯があたらないと、頭は静かなのかもしれない。
上の歯は頭がい骨の一部とか。
かむたびに歯があたると、そのたびに頭骸骨を振動させ、脳を振動させるのかもしれない。
1日に数えきれないほどゆさぶっているなんて。

「コンピューターをかたむけたり、ゆらしたりするのはよくないですね。」
となやさんが脳についていってはったのを思い出した。
私の場合は、笑えない妄想が浮かびやすく、疲れる。

晩ご飯の時もやってみた。
歯はもちろんあたらないでかめた。

それから、ものに応じて歯の動き方がかわるみたいだった。
ひじきの時にはひじき仕様、ごはんの時にはごはん仕様に自動的に変化して
もっと小さく円形に動いたり、横にすりつぶしたりするみたい。

歯は、機械みたいに上下にしか動かないと思っていたんだなあ。
直線の上下の動きなんてないんじゃないかな。

私は本当に、いろんなものをいろんな風に自動的にベストな方法で
食べさせてもらっていたのだった。

まったくありがたくて幸せだ。
世の中ってほんとに予定調和じゃないのだわ~。

今度先生にあったら報告しよう。

かたずけが苦手な人のためのアレクサンダーテクニークin岡山



ランキングに参加しています。
クリックの応援お願いいたします。

人気ブログランキングへ


関連記事
スポンサーサイト

Appendix

プロフィール

アライアンス京都校スタッフ

Author:アライアンス京都校スタッフ
ようこそおいでくださいました。

このブログは、アレクサンダー・アライアンス・ジャパン 京都校の事務スタッフが運営しています。

アレクサンダー・テクニーク教師養成トレーニングコースで学習中の生徒さん、卒業生のブログ記事を集めてご紹介しています。

アレクサンダー・テクニークってなぁに?教師になりたいけど・・など、アレクサンダー・テクニークにご興味をお持ちの方、ぜひご覧くださいませ。

生徒さんたちのリアルな体験談、気づきなどが盛りだくさんです。

こちらを通じて、それぞれの生徒さんたちのブログも、応援いただけましたら幸いです。
 
なお、コメント欄は使用しておりません。
メッセージ、お問い合わせなどは、メールフォームからお願いいたします。

人気ブログランキングに参加しています。応援のクリックお願いいたします。
人気ブログランキングへ

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

QRコード

QR