Entries

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

【fuutanさん】体験は私の中でいきている

トレーニング生、fuutanさんのブログからの転載です。

----------------------

fuutanのブログ
体験は私の中でいきている


5日(金)にレッスンに行きました。
いきなり15分のレッスンをやることになりました。
今日の課題は何ですか?と聞くと生徒役の方は沢山お話をしてくださ
いました。15分という時間設定ので、私の中に焦りがありました。アク
ティビティを早くしたい!と思いました。ちょっと強引にアクティビティに
誘いました。アクティビティをするときに現実に近い道具は大切だと私
は思っています。例えば本に夢中になっているときに人から声をかけら
れることをやるのなら本があった方がいいと考えているということです。
この時のアクティビティには本があった方がよいと思いました。すぐそば
にある本がぎっしり並んだ本棚が私の目に入っていました。この本を借
りたらいいな!と思いました。すると生徒の役の方が本を取りに行って
きます!と自分のカバンのほうに走って行きました。私の心の声は「15
分しか時間がないんだよ!取りにいくの?私のプランは崩れた。どうし
よう…」だった。ここで全体に注意を向けてみた。すると何が起こったで
しょう?生徒役の方が本を取りに行き戻ってくるのを観察しよう!きっ
と習慣は現れるはず!とふと思いました。なんで思ったのかわかりま
せん。全体に注意を向けてみたらそう思ったです。生徒役の方は足が
浮いているように私は感じました。そのことはその後のワークに活用す
ることができました。
私が20年近く前にみどり先生から言われたことがあります。触れている
ときだけ生徒の方を観ているのではないのです。話をされている時や
椅子を片付けているときなどにも習慣は出ます。触れているとき以外
でも生徒さんを観ることは教師の仕事の中のひとつなのです!と。 15
分の分の中のほんの一瞬にそんなことを思いだしました。

自分が思っていない方にことが進んだときなど私は投げやりになりま
す。心の中でもうあかんと呟きます。
そんな時、全体に注意は向けられていません。それに気付き全体に注
意を向けることは本当に大切なことだと今日のレッスンで感じました。

私が今まで体験したことは私の中で生きているんやな
思いました。

※2014年9月8日の記事です。


ランキングに参加しています。
クリックの応援お願いいたします。

人気ブログランキングへ


関連記事
スポンサーサイト

Appendix

プロフィール

アライアンス京都校スタッフ

Author:アライアンス京都校スタッフ
ようこそおいでくださいました。

このブログは、アレクサンダー・アライアンス・ジャパン 京都校の事務スタッフが運営しています。

アレクサンダー・テクニーク教師養成トレーニングコースで学習中の生徒さん、卒業生のブログ記事を集めてご紹介しています。

アレクサンダー・テクニークってなぁに?教師になりたいけど・・など、アレクサンダー・テクニークにご興味をお持ちの方、ぜひご覧くださいませ。

生徒さんたちのリアルな体験談、気づきなどが盛りだくさんです。

こちらを通じて、それぞれの生徒さんたちのブログも、応援いただけましたら幸いです。
 
なお、コメント欄は使用しておりません。
メッセージ、お問い合わせなどは、メールフォームからお願いいたします。

人気ブログランキングに参加しています。応援のクリックお願いいたします。
人気ブログランキングへ

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

QRコード

QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。