Entries

【ティティさん】坐禅とAT

トレーニング生、ティティさんのブログからの転載です。

----------------------

我他彼此(ガタヒシ)日記
座禅とAT


先日、初めて坐禅する方々に、坐禅の仕方を(カジュアルに)指導するという幸運なことに出会った。

道元禅師が著した『普勧坐禅儀』や、家にある何人か老師方の説明などを読み返してみる。

久々に読み返したが、すごく面白かった。

「正身端坐」「骨組みと筋肉で正しい坐相をねらって坐る」(内山興正老師)
「腰骨をおったて坐れ」(?!)「ケツの穴をしめろ」(!?)

とか

「全人格的思惟」「全体的思惟」など

また、「先ずまさに大悲心を起こし、弘誓願を発し、精しく三昧を修し、誓って衆生を度し、一身のために独り解脱を求めざるのみ」(『坐禅儀』)

と、精神的な準備の大切さが説かれてあるのである(今まで読んではいましたが、とばしていた・・・喝!)


坐り方の説明としてユニークなものもあった。

「頭のテッペンから銅貨を落としたら尻の穴へチャリンと抜けるようにする」(大森曹玄老師)

「耳と肩と対し、鼻と臍と対し・・・」

「目はすべからず常に開くべし」
「欠気一息し、左右揺振して、兀兀として坐定して・・・」

説明・解説は後々するとして、ATと相通じるところ大だと思うのである。

坐禅の説明にATを取り入れ、さらに現代人に通じる「坐禅儀」を著すというのが本研究の目標である。ちょっと大きく出すぎたか?!(笑)気長にゆっくり取り組みませふ。

「鼻孔正しければ則ち、一切皆正し」(『道元禅師語録』)

つづく
関連記事
スポンサーサイト

Appendix

プロフィール

アライアンス京都校スタッフ

Author:アライアンス京都校スタッフ
ようこそおいでくださいました。

このブログは、アレクサンダー・アライアンス・ジャパン 京都校の事務スタッフが運営しています。

アレクサンダー・テクニーク教師養成トレーニングコースで学習中の生徒さん、卒業生のブログ記事を集めてご紹介しています。

アレクサンダー・テクニークってなぁに?教師になりたいけど・・など、アレクサンダー・テクニークにご興味をお持ちの方、ぜひご覧くださいませ。

生徒さんたちのリアルな体験談、気づきなどが盛りだくさんです。

こちらを通じて、それぞれの生徒さんたちのブログも、応援いただけましたら幸いです。
 
なお、コメント欄は使用しておりません。
メッセージ、お問い合わせなどは、メールフォームからお願いいたします。

人気ブログランキングに参加しています。応援のクリックお願いいたします。
人気ブログランキングへ

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

QRコード

QR