Entries

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

【ティティさん】「アレクサンダー・テクニークと身体作法のあいだ」①

トレーニング生、ティティさんのブログからの転載です。

----------------------

我他彼此(ガタヒシ)日記
「アレクサンダー・テクニークと身体作法のあいだ」①

『アレクサンダー・テクニークと身体作法のあいだ』②

先日、コンビニのトイレへ用を足しにいった時のこと。

たしかに、けっこう急いでいた。

トイレ前まで小走り。ドアのカギ表示は「」。

何の躊躇もなく、ドアを引く。

その直後、「あっ?!」(人が入っていることに気づく)

「入ってます!」と、男の子の声が!?(気づいたけど、手が止ま
らない!?)

一瞬遅れて、「あっ!?ごめん」とドアを戻した。

たしかにカギは掛かっていなかった。男の子が掛け忘れていたの
だ。

しかし、扉の前に来たとき、例えば、かすかな気配を感じれてい
たら、また、小さな物音が聴けていたなら。

恥ずかしい思いはしなかったのでは?!

頭が先にもうトイレに入っていたのだ。

そう、だから、立ち止まれなかった。

そこで思う。

店の入り口からトイレまでの間、身体的に頭が足の上にただ乗っ
ていたなら。
アライアメントが整っていたなら、もしかしたら立ち止まれたので
は?

あるいは、ノックできたかも?

翻って、禅寺のトイレに入る時の作法を思い出す。

トイレに入る前に、トイレの清浄を司る『ウスサマ大明神』にお拝
する。
用を足す前にも『弾指』(だんし)と言って、指をはじいて三度、そ
の場を清めるのだ。

つまり、なかなか、用を足せない(笑)

すぐに用を足せないシステム?!

それが、「すぐに頭で行こうとする」自分を抑制、あるいは頭と身
体を統合するために必要な一つのサポート

が作法なのではないか。

アレクサンダー・テクニークを学ぶようになって、そのことがより明
確になってきた。


もちろん、結局、トイレのドアを開けてしまったが(笑)

目的を達するために、遠回りする。あるいは「間」を作るというこ
と。

常にその空間を守る、守護神たちがいるということ。
その守護神たちが先にいる。

僕らは常に、後から入って行くのだ。
「お邪魔します」と。

そこに「人」が入っているかどうかではなく、
その空間に対して。

身体的に作法が身についていたなら、無意識で。
あるいは、その場で「間」を思いだしたかも。

そうした意味でも、頭と首と身体のアライアメントはとても重要で
あると思うのだ。

ああ!そういえば、アレクサンダーのクラスの時、先生の手のサ
ポートを思い出すことを
始めは「ゴースト」と言っていたけど、後には「エンジェル」となった
とか聞いたなあ。

僕の場合は、『「間」の神さん・仏さん』かな?


※2015年6月26日の記事です。


ランキングに参加しています。
クリックの応援お願いいたします。

人気ブログランキングへ




関連記事
スポンサーサイト

Appendix

プロフィール

アライアンス京都校スタッフ

Author:アライアンス京都校スタッフ
ようこそおいでくださいました。

このブログは、アレクサンダー・アライアンス・ジャパン 京都校の事務スタッフが運営しています。

アレクサンダー・テクニーク教師養成トレーニングコースで学習中の生徒さん、卒業生のブログ記事を集めてご紹介しています。

アレクサンダー・テクニークってなぁに?教師になりたいけど・・など、アレクサンダー・テクニークにご興味をお持ちの方、ぜひご覧くださいませ。

生徒さんたちのリアルな体験談、気づきなどが盛りだくさんです。

こちらを通じて、それぞれの生徒さんたちのブログも、応援いただけましたら幸いです。
 
なお、コメント欄は使用しておりません。
メッセージ、お問い合わせなどは、メールフォームからお願いいたします。

人気ブログランキングに参加しています。応援のクリックお願いいたします。
人気ブログランキングへ

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

QRコード

QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。