Entries

【ティティさん】「すわる」ということについて。話題のアレを試坐してみました!

トレーニング生、ティティさんのブログからの転載です。

----------------------

我他彼此(ガタヒシ)日記
「すわる」ということについて。話題のアレを試坐してみました!


Body Make Seat Style(楽天)

 『身体は美姿勢を記憶する』

 美しく、恰好ええ商品文句である。

 しかし、この写真のモデルさん、ちょっと背中反らし過ぎやない
か?!

   「流れるようなS字カーブ。それは美の象徴です。」

 そんな大げさにS字カーブを強調しなくとも?!

 まあ、まあ、宣伝や広告はよしとして…

 実際、試してみた。ビッ○カメラで。

   「おお!これ!いいんじゃない!」

 すっと、身体が整った時の坐禅状態のようになる。

   「おお!これは、手放せなくなるんじゃないか!」

 たしかに、「もう手放せません」のようなレビューもあったと思う。

 この商品に坐るだけ?!で、
 
 
 ほんとに身体が整えられるのだろうかな?

 新しい習慣を身体に記憶させていくってことは、とても大事なこと。

 
 たしかに、坐禅も「坐るだけ」なんだよなあ。

 でも、そこには自動的にただ坐るということだけではなく、
 自覚的?!自立的な、いや、もっと根源的な「坐る」があると思うの
だ。

 
 説明すると、難しいのだが…

 
 そうだなあ、「ただ、道具とか医学とか、人為のサポートを越えてい
る」というかなあ…

 重力や引力、その拮抗するエネルギー、
  身体内部の原初的な動き(アレクサンダー・テクニークではそれを
『プライマル・ムーブメン
ト』とか『プライマリー・コントロール』という)があるのだ。


  もちろん、坐禅には坐蒲という専用の座布団を使う。

 そして、その、ポジショニングがすごく大事だとこの頃思うのだ。
 
 
  昔の人も言っている、「ケツの坐りが悪い」と。
 
  坐蒲のどの位置にケツを置くか?

  そのほんの少しのズレに気づくこと。からだのこと、体調のこと、坐蒲
の湿り具合?!(笑)な

ど、日々変化している。


「道具の使い方」と「自分自身の使い方」の実践はこの頃のテーマだ。


 坐相には、見える綺麗や美しさ、正しさだけを求めたりしない落ち着
きがあるのだ。
それを「兀兀地」(ごつごつち)という。

 美しさや正しさを強調するあまり、猫背を悪者にしたりしない。

 もっと広く、ゆったりとして坐る。

 しかし、かくいう拙僧も、「背筋を伸ばして坐りなさい」と言われ十数
年。腰痛持ちの禅僧になり、アレクサンダー・テクニークに出会い、初め
て、背骨がS字カーブしているのに気付いた次第なのだ!


「無理に背筋を伸ばさなくていいんですよ!もともと背骨って曲がって
るんですから?」

「どんなふうに曲がってるかって?それは、自分自身の『からだ』に聴い
てみましょうよ!」


「っじゃあ。こんな解剖学のイラストも参照してみましょうか!自分の
『からだ』のイメージとどう違います?」



  そんなわけで、「坐る」をテーマにアレクサンダー・テクニークと坐禅
のコラボレーションのワークを日々実験しています。

そして、新たな「坐り方」開発・研究中。


興味ある方は、「『からだ』で学ぶ禅寺の身体作法」でお会いしましょ
う。



 

 間に合ったら、上で紹介したアレ(MTGのbody Make Seat Style)、楽
天で購入しときます。

「さあ、どうなるか!いっしょに試してみましょう!


※2015年8月30日の記事です。


ランキングに参加しています。
クリックの応援お願いいたします。

人気ブログランキングへ



関連記事
スポンサーサイト

Appendix

プロフィール

アライアンス京都校スタッフ

Author:アライアンス京都校スタッフ
ようこそおいでくださいました。

このブログは、アレクサンダー・アライアンス・ジャパン 京都校の事務スタッフが運営しています。

アレクサンダー・テクニーク教師養成トレーニングコースで学習中の生徒さん、卒業生のブログ記事を集めてご紹介しています。

アレクサンダー・テクニークってなぁに?教師になりたいけど・・など、アレクサンダー・テクニークにご興味をお持ちの方、ぜひご覧くださいませ。

生徒さんたちのリアルな体験談、気づきなどが盛りだくさんです。

こちらを通じて、それぞれの生徒さんたちのブログも、応援いただけましたら幸いです。
 
なお、コメント欄は使用しておりません。
メッセージ、お問い合わせなどは、メールフォームからお願いいたします。

人気ブログランキングに参加しています。応援のクリックお願いいたします。
人気ブログランキングへ

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

QRコード

QR