Entries

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

【ティティさん】アレクサンダー的な坐禅のすすめ

2016年2月卒業生、ティティさんのブログからの転載です。

----------------------

我他彼此(ガタヒシ)日記
アレクサンダー的な坐禅のすすめ

『目は鼻端にそそげ』とは?


「見るものなくして見る」 
(西田幾多郎)

 みなさん、こんにちは。
今回は「坐禅の仕方」を教わる時によく使われている言葉につい
て考察してみたいと思います。

「半眼」(はんがん)という言葉を聞いたことがありますか。よく「仏
像の眼」とか、「仏様の眼差し」とかと言われています。つまりは、
「すべてを見通す眼」、「慈悲の眼差し」だと思います。 

 坐禅を指導する和尚さんによっては、坐禅中の目線の置き方に
ついて、「目は半眼にして下さい」としか言わない人もいます。丁
寧に言ってくれる方でも「仏像を想い出してみて下さい、あのよう
な眼で」とか。具体的に言ってくれる方でも「一メートル前方に目
線を落としてください」と言われるぐらいではないでしょうか。ひど
い指導になると、「半分に開けてください」とか、「薄目で見て下さ
い」などと適当な教え方をする和尚さんもいるのでは?!自分自
身、その説明で本当に坐禅できるのかと疑問にも思ったことのな
い人なのでしょう。しかしながら、僕自身も、本山修行時代に「一
メートル前方に視線を落として下さい」と習い、それを参禅者の
方々にも指導してしまいました。   
「もう少し分かりやすい伝え方ができたなあ」と今では思っていま
す。

 何年か前から実践している身体教育法である、アレクサンダー・
テクニークを学ぶうちに、どういう伝え方がベストなのかということ
がだんだんわかってきました。まず、比較してもらうとわかりやす
いのですが、「一メートル前方に視線を落として下さい」と言われ
るのと、「眼というのは感覚受容器なので、見ようとしなくとも映像
が入ってくるのです」。と言われるのではどう違うでしょうか。文章
上と、実際にやってもらうのとでは分りづらいと思うですが、つまり
はこういうことです。はじめの「一メートル前方に視線を落として下
さい」と言われると大体の我々は、視線を一メートル前方に置い
てしまうのです。「一メートル前方ばかりを見ようとしてしまう」とい
うことです。さらに「目線を落とす」と言われたことで、顎を軽く引く
程度なら良いのですが、下を向いて猫背になってしまうという傾
向もあります。そこで「見ようとするのではなくて、入ってくるんだと
思ってみましょう」と指導してみるのです。そうすると、「一メートル
前方に視線が向かわない」姿勢が保てるのです。さらに、「視神
経は脳の大脳皮質の後頭葉、つまりはもう後頭部です。後頭部の
ちょっと上に視床中枢というのがあって、そこで『見る』のです」。
ですから「『見る』というのは目玉、あるいはレンズで見ているので
はなくて、脳の後ろの方で見ているのです」「『脳の後ろ側に映像
が入ってきているんだなあ』と思ってみましょう」と言ってみます。
そうすると、「一メートル前方に視線を落とす」という説明で言おう
している姿勢、あるいは半眼に自然となるのです。ですから、「一
メートル前方に視線を落としたような状態で坐ってみてください」
と言うほうが正確だと思うのです。   

 長々と説明してしまいましたが、坐禅の先達は、このことをもっ
と簡単明瞭にこう言っています。『目は鼻端(びたん)にそそげ』
と。そうすると、あら不思議、「一メートル先を見にいかない」姿勢
にこれまた自然となるのです。
「ほんとかな?」と疑問が起こった方は、ぜひご自分自身で試し実
証してみて下さい!
                                      
                      合掌                


 軽く視線を落とすとは、キョロキョロと目を動かしもせず、また一
点を見つめもせずということです。これはなにも特別な見方をする
のではありません。普段われわれはこの見方で目を使っているの
ですが、さて坐禅をしてこの見方をせよと言われるとなかなかそ
のようにできないのは面白いことです。即ち目の開き方も修行の
一つだということになります。昔の先達達が坐禅の時の目の開き
方の要領として、『目は鼻端にそそげ』と言われたのも、なるほど
その指図にしたがって目を鼻端にそそぐと、自然と私が前に申し
上げた視線を約一メートルぐらい前方に軽く落とすということとピ
タリと一致するのに驚きます。
(『坐禅のすすめ』岡田利次郎)


※2016年3月2日の記事です。




ランキングに参加しています。
クリックの応援お願いいたします。

人気ブログランキングへ


関連記事
スポンサーサイト

Appendix

プロフィール

アライアンス京都校スタッフ

Author:アライアンス京都校スタッフ
ようこそおいでくださいました。

このブログは、アレクサンダー・アライアンス・ジャパン 京都校の事務スタッフが運営しています。

アレクサンダー・テクニーク教師養成トレーニングコースで学習中の生徒さん、卒業生のブログ記事を集めてご紹介しています。

アレクサンダー・テクニークってなぁに?教師になりたいけど・・など、アレクサンダー・テクニークにご興味をお持ちの方、ぜひご覧くださいませ。

生徒さんたちのリアルな体験談、気づきなどが盛りだくさんです。

こちらを通じて、それぞれの生徒さんたちのブログも、応援いただけましたら幸いです。
 
なお、コメント欄は使用しておりません。
メッセージ、お問い合わせなどは、メールフォームからお願いいたします。

人気ブログランキングに参加しています。応援のクリックお願いいたします。
人気ブログランキングへ

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

QRコード

QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。