Entries

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

【つじけいさん】抱っこする人のためのアレクサンダーテクニーク最終回報告その2

トレーニング生、つじけいさんのブログからの転載です。

----------------------

はっさくな日々。
抱っこする人のためのアレクサンダーテクニーク最終回報告その2


あー光陰矢のごとし。もう十月も半ば。。。わお!

大変遅くなりましたが
抱っこワークショップ最終回の2つ目のポイント。
「ベビーカーをおすとき」について。

ベビーカーを押すとなんでなんやろう、
下を向いてしまいます。
t02200165_0320024011512429222.jpg
これは女優みどりさんの強調バージョンなんで
私なんぼなんでもそんなん違うわー
と思うかもしれません。

t02200165_0318023811512429787.jpg
これは?わたし大変なじみ深い感じです。
何となく子供の方角をぼんやり見てしまうんですよねえ。

でもまえをみないと。

道は私と子供だけじゃなくて
他の人たち、自転車,車が通っています。

前に夫が
「ベビーカーを押してる人は突然Uターンとかするから危ない」
といっていました。

「何をまたしたり顔で」と思っていましたが
その後自分が本当に突然Uターンしてしまった時がありました。。。
ヒヤリハットしました。
視野が半径1メートルぐらいになっていました。
自転車にぶつかりそうになり危なかった。。。

背骨の上にただ頭を休ませて前を見る。
t02200165_0318023811512429788.jpg

前、進行方向を見る。

以前クラスで「車いすを押す」というのをやったときのこと。

車いすにのっている人は

押す人が
進行方向を見てくれていないと
景色がどんどんせまってきてとてもこわかった、

押す人が
ちゃんと進行方向を見てくれると
とても安心してのることができた(同級生あつこ談)
とのこと。

伝わるわけない,わからんやろ、と思ってることって
けっこう伝わるんやなあ、
とまたあらためて思う体験談でした。

子供たちもこわいし不安かも。
進行方向を見るべし。

ベビーカーの子供を見るときは
首をボキッとおらずに
背骨の上で休ませている頭の真ん中
鼻から動くようなつもりでみてみる。
t02200165_0318023811512429786.jpg
おー優雅な感じですねえ。


私の、下を向いてしまうもう一つの理由。

ベビーカーを押さないといけない。

前に進ますためには力を入れんと。

そのためには斜め下地面に向かって押さんと
な感じなんです。

みどりさんはいいます。
「ベビーカーは押さなくていいんです。
私たちの体が前に進むと前に進むんです」

考えてみたらベビーカーは
私よりはるかにそれを知り尽くした人々が
力を結集してスムーズに動くようにつくっている。
私がベビーカーにならんばかりに押さんでも。

それよりまわりを見て安全確認。

「自分の仕事してから人の仕事は手伝え」
バイトのときよくおこられた。

「飛行機事故のとき
まず自分のライフジャケットをきてから
子供のライフジャケットを着せるのよ」

アメリカのアレクサンダーの先生、
ロビン先生もクラスの中でそういってました。。。


きのうベビーカーででかけることがあったので
実践してみました。
斜め下に押すのをやめてみました。

ただベビーカーに手を添えて
自分が前に進む。

進みました。しかもかなりスムーズ。

前に進むようにつくられているものを
斜め下に押すのは邪魔でしかない。
と思いました。

手に触れたベビーカーの感触を感じながら。
そしてタイヤが地面にあたる感覚をかんじながら
進むと

疲れない。

ただ地面が返してくる力を感じてすすめばよいのでした。
力が半分ぐらいですんでいると思いました。
あんだけ押してたらそらくたびれます。

進みながら前を見ることもできました。

押すことにとらわれずにすんだので
余裕がありました。

頭を背骨の上にただ休ませて
手をふっとベビーカーにそえて
前に進む。

ええやないの!
セレブな感じです。
今から家に帰って保育園に迎えにいって
そのあと大急ぎでご飯の用意をしないといけないことが
あまり気にならなかった。

道のわきのええ感じの雑草を発見したり
キンモクセイええにおいやないの!などと思いました。

子供のことも注意を向けることができました。
いつもとちがったのか、じんじん一歳が
私の顔をにこにことみていました。

体の中にスペースが生まれると余裕が生まれるのだわ。
実感。
まさにtime and space。(みどりさんの”余裕”の英語訳) 

ワークショップのあと
時間のある人で持ち寄り座談会をしました。
t02200165_0318023811512428473.jpg

手作りのものを持ってきてくださった方もいて
いろいろな味を楽しみました。
感想やいろんな話しをしました。
おいしかったし楽しかったです

抱っこワークショップ5回シリーズ
本当にみなさんのおかげで
無事に終わることができました。
ありがとうございました。

来年もまたやりたいと思っています。
興味を持ってくださったかた、
是非ご参加ください。

☆抱っこする人のためのアレクサンダーテクニーク
体験者クラス10、11月に開催します!

同時に
アレクサンダーテクニークを使った託児に
感心をお持ちの方(研修者)も募集します!

詳しくはこのブログはじめのページ(クリックしてくださいまし)まで。
関連記事
スポンサーサイト

Appendix

プロフィール

アライアンス京都校スタッフ

Author:アライアンス京都校スタッフ
ようこそおいでくださいました。

このブログは、アレクサンダー・アライアンス・ジャパン 京都校の事務スタッフが運営しています。

アレクサンダー・テクニーク教師養成トレーニングコースで学習中の生徒さん、卒業生のブログ記事を集めてご紹介しています。

アレクサンダー・テクニークってなぁに?教師になりたいけど・・など、アレクサンダー・テクニークにご興味をお持ちの方、ぜひご覧くださいませ。

生徒さんたちのリアルな体験談、気づきなどが盛りだくさんです。

こちらを通じて、それぞれの生徒さんたちのブログも、応援いただけましたら幸いです。
 
なお、コメント欄は使用しておりません。
メッセージ、お問い合わせなどは、メールフォームからお願いいたします。

人気ブログランキングに参加しています。応援のクリックお願いいたします。
人気ブログランキングへ

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

QRコード

QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。