Entries

【あつこさん】わかっちゃいるけどやめられない!!に向かい合う

トレーニング生、あつこさんのブログからの転載です。

----------------------- 

子どもアトリエ×アレクサンダー・テクニーク 風光景
わかっちゃいるけどやめられない!!に向かい合う


アレクサンダー・アライアンス・京都校のあたらしいプログラムが決まりました。

ずばり、やせたい!と思っている方への、プログラムです。

アレクサンダー・テクニークで、やせることは可能なのでしょうか?

アレクサンダー・テクニークは美容の技術ではありませんし、医療でもありません。

アレクサンダー・テクニークができること、それは頭の中の習慣にはたらきかけること。

自分の在り方の変化のきっかけをつかむこと。


              


「このおやつを今、食べたらあかんやろなぁ……でもっ食べちゃおう!」 ぱく。 もぐもぐ。

「もういっこ食べたら…太るかな~…うーん、でもおいしいしっ!」 ぺろり。

そして訪れる自己嫌悪。

「あーあ、また食べてしまった…」

あるいは自己弁護。

「でも今日が美味しいもんね、生菓子は」

「疲れてんだから、仕方ないよね」「ご褒美、ご褒美」



わたし自身もついつい、こんなことをくりかえしていることがあります。

それで、満足することもあるけど、胸焼けしたりすることもある。

わかってるのに、やめられない。これはアレクサンダー・テクニークでいう「習慣」です。

おなかは実はもういっぱい、だけどあたまが「もういっこ食べたいかも」と囁く。

さらにあたまは「おいしいよ、甘い物は疲れを癒すよ」とたたみかける。

そしてもっと優しく「今日もよくがんばったんだから、食べてもいいって」と言ってくれます。



このあたまの声こそ、ひとつの習慣。

普段はこのあたまの声を 「わたし自身の本能的な欲求」と変換しておもっていることが多いのではないでしょうか。



アライアンスのトレーニング生仲間が、「からだの声をきくようにしたら、食べ方が変わったし、結果的にやせた」ということを言っていました。



どうやったら「からだの声をきく」ことができるのかな?

どうやったら「あたまの声に気がつく」ことができるのかな?

なにがわたしの「ほんとうの欲求=もとめていること」なのかな?




このアレクサンダー・テクニークでやせる!プログラムは、減量のための特定のエクササイズやエステ、食事療法を教えるものではありません。

ここで扱うのは、「続けたいのになかなか続けられない」「やめたいけれどやめられない」といった習慣です。

わたしたちの行動や在り方をあるパターンに引き込んでいのが習慣なので、その変化があれば「やりたいことがやれる」「やめたいことはやめられる」ようになっていくと考えられます。

そしてアレクサンダー・テクニークが有効なのは、まさにこの習慣の変化にかかわること、だからなのです。


全12回、こじんまりとしたグループレッスンで、丁寧にこの変化のプロセスを楽しんでみませんか?

          

               
場所:アレクサンダー・アライアンス・インターナショナル・ジャパン 京都校

講師: 新海みどり先生

日程: 第1回 11月30日(水)スタート!! 全12回

 10:30~13:30  (2012年5月最終回まで 月一回~二回開催)

定員: 5名

お問い合わせ&お申し込み先:アレクサンダー・アライアンス・インターナショナル・ジャパン 京都校





関連記事
スポンサーサイト

Appendix

プロフィール

アライアンス京都校スタッフ

Author:アライアンス京都校スタッフ
ようこそおいでくださいました。

このブログは、アレクサンダー・アライアンス・ジャパン 京都校の事務スタッフが運営しています。

アレクサンダー・テクニーク教師養成トレーニングコースで学習中の生徒さん、卒業生のブログ記事を集めてご紹介しています。

アレクサンダー・テクニークってなぁに?教師になりたいけど・・など、アレクサンダー・テクニークにご興味をお持ちの方、ぜひご覧くださいませ。

生徒さんたちのリアルな体験談、気づきなどが盛りだくさんです。

こちらを通じて、それぞれの生徒さんたちのブログも、応援いただけましたら幸いです。
 
なお、コメント欄は使用しておりません。
メッセージ、お問い合わせなどは、メールフォームからお願いいたします。

人気ブログランキングに参加しています。応援のクリックお願いいたします。
人気ブログランキングへ

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

QRコード

QR