Entries

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

【みずてんさん】読ブログ感想文

トレーニング生、みずてんさんのブログからの転載です。

----------------------

みずてんが行く!
読ブログ感想文



今日は「思ったことをそのまま言葉にする」、という練習します。

お題は、<クラスメイト、あつこさん のブログを読んで思ったこと> 



(彼女のブログの内容は、ご自分の声の質・出し方について書かれたものです)



私思うんですけど。

あたまが長~い背骨の上にのっかって、自由で居て発せられた声で、お喋りしたい
という心境すっごい分る気がするけど。
(そういう練習をするし)


仮令あつこさんが、頭を下におしさげて身体を小さく縮めて、
ぺたんこのなりで「ちょっと私の話を聞いてよ!」と言ったとしても。

あつこさんという人の尊さ
ある種のアイデアに満ちた彼女を、オンリーワンとして聞こうという気持ち

これに変わりは無いんじゃないかと。



アレクサンダーテクニークを勉強してて言うのもなんだけれど、
どんな声でお話されても、その時のあつこさんなのだと思う。
そこの原点に、戻ることが、私にとっては必要な気がした。


もちろん、立体感を持つ動きのなかで発せられる声なら、聴いているだけで
自分にもひとにも質の違う何かが伝わっていくでしょう。

声の質感の違い、声というのは未整理で不思議に満ちているという感じ、
それらを味わっておられることを、読んだ上での感想です。


あと、
『音楽みたいに、一音一音、一音一音、ほんとはちがうことが起こっているんだろう。

どうやら「わたしの声」というものが固定的にあるわけではないらしい。』

と書かれていたところで、ピアノの調整を思い出しました。


むかし、家のピアノの調整をお願いする時に

「この楽器の個性に合うチューニングにしてくれたらいいです」と言ったところ、
チューニングは、場所や気温湿度、今メインにやりたい曲などによって変わるもの。
これ、と固定されたものはない。
まずはあなたが、今どんな音が欲しいのか、教えてくれなくては。


と言われたことがありました。



声も音も、こんな気持ちでこの言葉を言う!と思った瞬間に、立体の身体が
ぐわ~っとかしゅっとか動いて、そこから(つまり言語以外の情報をまとって)
発せられるものなのではないでしょうか。



私の個性・・・私らしい声・・・ 
確かにありそうなのに、それってなぁに?という感じです。
「この、素敵な感じ」という箱にいれた瞬間、ふっとどこかへ行ってしまうのかも。



いじょう



関連記事
スポンサーサイト

Appendix

プロフィール

アライアンス京都校スタッフ

Author:アライアンス京都校スタッフ
ようこそおいでくださいました。

このブログは、アレクサンダー・アライアンス・ジャパン 京都校の事務スタッフが運営しています。

アレクサンダー・テクニーク教師養成トレーニングコースで学習中の生徒さん、卒業生のブログ記事を集めてご紹介しています。

アレクサンダー・テクニークってなぁに?教師になりたいけど・・など、アレクサンダー・テクニークにご興味をお持ちの方、ぜひご覧くださいませ。

生徒さんたちのリアルな体験談、気づきなどが盛りだくさんです。

こちらを通じて、それぞれの生徒さんたちのブログも、応援いただけましたら幸いです。
 
なお、コメント欄は使用しておりません。
メッセージ、お問い合わせなどは、メールフォームからお願いいたします。

人気ブログランキングに参加しています。応援のクリックお願いいたします。
人気ブログランキングへ

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

QRコード

QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。