Entries

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

コメント

コメントの投稿

コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

【つTOMさん】Who Moved my “走った感”


トレーニング生、つTOMさんのブログからの転載です。

---------------------------

つTOMのブログ
: Who Moved my "走った感"


5月7日と8日の2日間、新海先生のクラスをたっぷりと受けることができた。

今日は天満橋の会場までの行き帰りに走った。距離は片道10km程度。

クラスの後に走るのは、使用前・後の違いを感じることが出来ていつも楽しい。o(〃^▽^〃)o

特に今回は右足ゴリラの状態であったので両日共、足について時間を割いていただいた。
私は歩いている時や走っている時に踵が離れる前から、踵骨を内側に引き寄せ ていた。さらに、脛骨が距骨の太鼓橋の頂上に到達する前に、足の甲を前外側に引き上げ、踵を持ち上げていたことが判明。まるで、足根骨が脛骨の下に入っていくことを拒否しているかのようにブロックしていた。併せて、臀部の筋肉をギューって閉めていた。両日ワークを受けて、脚を振り出す違和感はずいぶん減った感じがした。

いつものことながら、クラスの後は早く走っている感じがしない。

周囲への注意が拡がっているためか、体感速度は遅く感じる。
しかし、軸がぶれず真直ぐ走っている感じが、心地よい。

結果、家にたどりついた時間は行きより帰りが5分以上早かった。

私の場合は早く走れている感覚がある時のタイムはいつも大した事ない。。(´д`lll)

新海先生から学んだ言葉の一つに “感覚的評価はあてにならない” というのがあるが、私の場合本当にあてにならない


--------------------

転載以上です。
一部絵文字が入っておりません。
関連記事
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

Appendix

プロフィール

アライアンス京都校スタッフ

Author:アライアンス京都校スタッフ
ようこそおいでくださいました。

このブログは、アレクサンダー・アライアンス・ジャパン 京都校の事務スタッフが運営しています。

アレクサンダー・テクニーク教師養成トレーニングコースで学習中の生徒さん、卒業生のブログ記事を集めてご紹介しています。

アレクサンダー・テクニークってなぁに?教師になりたいけど・・など、アレクサンダー・テクニークにご興味をお持ちの方、ぜひご覧くださいませ。

生徒さんたちのリアルな体験談、気づきなどが盛りだくさんです。

こちらを通じて、それぞれの生徒さんたちのブログも、応援いただけましたら幸いです。
 
なお、コメント欄は使用しておりません。
メッセージ、お問い合わせなどは、メールフォームからお願いいたします。

人気ブログランキングに参加しています。応援のクリックお願いいたします。
人気ブログランキングへ

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

QRコード

QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。