Entries

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

【みずてんさん】地面とコンタクトをとる

トレーニング生、みずてんさんのブログからの転載です。

----------------------

みずてんが行く!
地面とコンタクトをとる



モノに触れるのは、苦手です。

手も足も、背中の筋肉も、ちょこっとだけ世界に触れないように、
きゅっ と縮こまらせてこの世に居る感じ。

アレクサンダーテクニークのワークを受けて、その緊張が
ちょっと緩んでも、すぐに「もういいからっ」というが如く
手足は出し惜しみの縮こまり状態に戻っていきます。

そんな日々。

今日のワークでは、臀筋やらハムストリングスやら、
脚周りの筋肉をちょーっとの間ばらばら状態に手放して、
「地に足がついて、背中が広く長く」な在り様を体験しました。


「いま、どんな感じですか?」と恩師みどりさんに聞かれます。

…… 咄嗟には答えられません。


いつもだったら、
視界が明るくなったとか  音が立体的に聴こえるとか
まわりの世界が美しく見えるとか
何がしか感激を味わっている気がします。

でも、今回は
「あまりに当たり前の存在として自分がここに」おり
何か特にヒットした!と思うことが挙げられませんでした。

傍からは、「どこも目立ったところがなく、本当に普通で、
この人ってこういうひとだよねと云う言葉が思いつかず、
しかもまぎれもなくみずてん」に見えたそうです。 


動物や木々のように、当たり前に、疑う余地なく自分がここに居て
過去や未来や非現実に飛ばない、ここにある脳ミソで
世界にコンタクトをとって、“そこにある記憶”とリンクして。


そんな存在で演奏をしたら、どんな風になるんだろう?

(実験じっけん
関連記事
スポンサーサイト

Appendix

プロフィール

アライアンス京都校スタッフ

Author:アライアンス京都校スタッフ
ようこそおいでくださいました。

このブログは、アレクサンダー・アライアンス・ジャパン 京都校の事務スタッフが運営しています。

アレクサンダー・テクニーク教師養成トレーニングコースで学習中の生徒さん、卒業生のブログ記事を集めてご紹介しています。

アレクサンダー・テクニークってなぁに?教師になりたいけど・・など、アレクサンダー・テクニークにご興味をお持ちの方、ぜひご覧くださいませ。

生徒さんたちのリアルな体験談、気づきなどが盛りだくさんです。

こちらを通じて、それぞれの生徒さんたちのブログも、応援いただけましたら幸いです。
 
なお、コメント欄は使用しておりません。
メッセージ、お問い合わせなどは、メールフォームからお願いいたします。

人気ブログランキングに参加しています。応援のクリックお願いいたします。
人気ブログランキングへ

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

QRコード

QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。